今日のお題はカジノです。カジノと言えば、まず何を思い浮かべますか?「ギャンブル」「贅沢な遊び」「アドレナリン」などではないでしょうか?一方、カジノと聞いて、真っ先に「リラクゼーション」という言葉が思い浮かんだという人は少ないと思います。ではそれはどうしてでしょうか?カジノはあくまでも”楽しむ”ための場所であるはずなのに、楽しいことが連想されないのはどうしてなの でしょうか?以下にて詳しくみていきましょう。

カジノと聞いて「リラクゼーション」をイメージする人がほぼいないのは、人々がカジノに対して間違った考えを持っているから、というのが本当の理由です。「お金を稼ぐぞ!」と考えながら、カジノに 行くのは、最悪です。というのも、残念ながら、カジノはお金を稼ぐために行く場所ではないからです。

実際のところ、カジノでは負ける可能性の方が高いので、稼ごうと期待して行くと結局は辛い思いをす るどころか、時間を無駄にするだけでなく、全財産まで失ってしまう可能性もあるのです。

映画作品において、ラスベガスのようなカジノで有名な街を見ていると、そこを訪れる人がギャンブル をしているだけではなく、ナイトクラブやコンサート、映画館に行ったりしているのが分かると思いま す。例えば、先に挙げたラスベガスは、UFCやボクシングのチャンピオンシップ、その他のスポーツイ ベント等様々なイベントが行われる場所でもあるのです。

つまり、ラスベガスはギャンブルをしなくても十分に楽しめる街になっているのです。もし信じられな いようなら、映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』を一度見てみてください。ギャンブルなしでも、これ以上ないくらいに楽しんでいる様子が見られるでしょう。

一般的に、リラックスすると、物事をより楽しめるようになります。ですので、カジノへ行く前に「マ ッサージ」を受けるのがベストです。マッサージは、手っ取り早くカラダ全身をリラックスさせること ができ、まるで生まれ変わったかのようにリフレッシュできます。マッサージの次にいいのは、サウナでしょう。サウナは、別名フィンランド風呂とも呼ばれ、マッサー
ジと同等のリラックス効果が期待できます。

カジノに行く際のもう一つのアドバイスは、「服装」についてです。素敵なタキシードを着ると気分も 良くなります。服装が人格を表すわけではありませんが、他の人があなたを見る目を変えることができます。カジノは派手な場所ですから、きちんとした服装で行きましょうね!

最後に、お金についてもアドバイスします。いくらかのお金は使わない分としてとっておき、「この金 額以上は絶対使ってはならぬ」と決めて、自分に言い聞かせましょう。そうすることで、使ってもいい 限度額に達した時がカジノの去り時だとわかります。